引張試験機(引抜試験機)レンタル|アンカー引抜試験.com

アンカー引抜試験.com

大阪072-621-4172

東京03-5838-0723

お問い合わせお問い合わせ

取扱い試験機一覧

引抜試験機

5kN~80kN

100kN~150kN

200kN

300kN

500kN

600kN

800kN

1500kN

せん断試験機

鉄筋探査機など

変位計

ロードセル

データーロガー

試験セット

引抜試験機オプション

プロテスター TI-80

種別 引抜試験(引張試験)機
表示部 置針式
測定範囲 ~800kN
測定ボルト M33~M56 D25~D51

この製品について、見積を依頼する

機器概要

特徴

大口径対応で軽量が特徴の油圧式アンカー引張強度試験機。
その軽さのため、持ち運びの負担が軽減されます。

  • 特徴1

    特徴1

    軽量センターホールシリンダー。
    重さ:19kg
    高さ:174mm
    外径:152mm
    内径:62mm

  • 特徴2

    特徴2

    片手で持ち運びが可能。

  • 特徴3

    特徴3

    従来品から約13kgの軽量化で重量が19kgに。

    ※D-51まで対応

  • 特徴4

    特徴4

    プロテスターTP-01(プリンター内蔵型デジタル表示機)との接続で、測定効果のプリントアウトも可能になりました。

    ※TP-01は別売です。
    ※詳しくは「TP-01」からご覧いただけます。

標準セット

標準セット
センターホールシリンダー
反力台(ラムチェア)
油圧ポンプ
高圧ホース(送り)
低圧ホース(戻り)
圧力計

スペック

型式:TI-80
測定範囲:0~800kN
表示部:圧力計(置針式)
メーカー:トラスト

仕様

※表部分は横にスクロールしてご覧ください

品名 仕様
センターホールシリンダー 受圧面積:42.02cm2
最大ストローク:50mm
センターホール径:φ62
油圧ポンプ 最大使用圧力:200Mpa
油量:700cm3
質量:10kg

油圧ポンプ

反力台(ラムチェア) 反力台(ラムチェア)
高圧ホース ホース長さ:2m×2本
圧力計 S1/2 125×250MPa×800kN

各部名称

各部名称
1.カプラ
2.センターシャフト
3.反力台(ラムチェア)
4.センターホールシリンダー
5.高圧ホース(送り)
6.高圧ホース(戻り)
7.油圧ポンプ

寸法図

試験体必要長さ参考図
試験体必要長さ参考図

プロテスター TI-80 操作手順

プロテスターTI-80組立・操作手順

プロテスターTI-80組立・操作手順:1

プロテスターTI-80組立・操作手順:1
反力台の中心にボルトの中心が来るように設置します。

プロテスターTI-80組立・操作手順:2

プロテスターTI-80組立・操作手順:2
センターシャフトにセンターホールシリンダーを通します。

プロテスターTI-80組立・操作手順:3

プロテスターTI-80組立・操作手順:3
ボルトサイズに適合するワッシャーを設置します。

プロテスターTI-80組立・操作手順:4

プロテスターTI-80組立・操作手順:4
ボルトサイズに適合するナットをセットします。

プロテスターTI-80組立・操作手順:5

プロテスターTI-80組立・操作手順:5
ナットを軽く締め付けます。

プロテスターTI-80組立・操作手順:6

プロテスターTI-80組立・操作手順:6
油圧ホースとシリンダーのキャップを外します。

プロテスターTI-80組立・操作手順:7

プロテスターTI-80組立・操作手順:7
カチっと音がするまでカプラを押してはめ込みます。

プロテスターTI-80組立・操作手順:8

プロテスターTI-80組立・操作手順:8
もう一本のホースも、同様に取付けます。

プロテスターTI-80組立・操作手順:9

プロテスターTI-80組立・操作手順:9
ポンプ後部の空気弁を左に回して空気弁を開放します。

プロテスターTI-80組立・操作手順:10

プロテスターTI-80組立・操作手順:10
レバー握り部を手で上から押して、ロックピンを外します。

プロテスターTI-80組立・操作手順:11

プロテスターTI-80組立・操作手順:11
出戻バルブを圧力計の方向に回し、手でしっかり締めます。

プロテスターTI-80組立・操作手順:12

プロテスターTI-80組立・操作手順:12
方向制御弁を加圧側に切り替えます。

プロテスターTI-80組立・操作手順:13

プロテスターTI-80組立・操作手順:13
レバー握り部を片手で持ち、上下に動作して加圧します。

プロテスターTI-80組立・操作手順:14

プロテスターTI-80組立・操作手順:14
試験が終了したら、方向制御弁を減圧側に切り替えます。

プロテスターTI-80組立・操作手順:15

プロテスターTI-80組立・操作手順:15
シリンダーが戻るまで、ポンプをゆっくりと上下します。