特殊油圧ジャッキ・冶具製作

試験対象物に合わせた特殊油圧ジャッキ・冶具製作の設計から製作まで行います。

この様なお問い合わせを頂く事がよくあります。これ、どうするの?といった場合もご相談ください。現場経験の豊富な工事部、強度計算まで行える設計部と力を合わせて最善の試験方法をご提案致します。

  • アンカー引抜試験機レンタル
  • アンカー引抜試験機レンタル
  • アンカー引抜試験機レンタル
  • アンカー引抜試験機レンタル
  • アンカー引抜試験機レンタル

事例 1) 異形鉄筋の引抜試験(引張試験)

直筋の異型鉄筋の場合は従来の油圧ジャッキにて引抜試験(引張試験)が行えますが、L筋やフック筋などの、特殊な形の鉄筋の場合、センターホール型の油圧ジャッキは使用する事が出来ず、別途試験の為だけにアンカーを施工する必要がありました。

なんとかそのまま試験が行えないかと試行錯誤の上、完成したのが「プロテスターTL-30」です。

  • L型鉄筋
    ●L型鉄筋 
  • フック型鉄筋
    ●フック型鉄筋 

事例 2) 試験対象がコンクリートではない

アンカーはアンカーでも、土に埋まっているアンカーの引抜試験(引張試験)の依頼をいただきました。
コンクリート用アンカー以外の引抜試験(引張試験)は、初の試みでしたが、専用架台、パソコンやデータロガー等の最新設備を駆使して、無事引抜試験(引張試験)を行う事が出来ました。

  • 土工部用特殊アンカー
    ●土工部用特殊アンカー 

事例 3) ボルト径や荷重値が大きい 引抜試験(引張試験)

試験対象:M68、M80
引張荷重:1200kN
使用機械:200t CH型油圧ジャッキ、油圧ポンプ、ロードセル、プロテスターTP

校正証明書付きレンタル用のラインナップではM56までの対応しか無い為、校正証明書のあるロードセルと、弊社製品「プロテスターTP」を使用する事により発注者様への校正証明書の提出も可能に。

  • 製作物+油圧ジャッキ+ロードセル参考図
    ●製作物+油圧ジャッキ+ 
    ロードセル参考図 
  • レンタル機器一式 4日保障 約200,000円(送料別途)

    製作物参考価格
    商品名 買取価格
    寸切りボルト、ワッシャー、ナット M68×800L 120,000円
    ロードセル用載荷板 上下セット 40,000円
    継ぎナット M68×M80 53,000円

    ※価格は2010年10月時点です。鋼材価格高騰の影響などにより変動致します。

事例 4) 吊りピース強度測定用ジャッキ

※実用新案取得済(登録第1399544号、1399545号)

試験対象:吊りピース、船舶リブ
引張荷重:400kN
使用機械:リブ溶接試験用シリンダー、油圧ポンプ、圧力変換機+プロテスターTP

提案1) 海外のお客様よりご依頼を頂き、船舶のリブ溶接強度の確認試験機を考案
提案2) 吊り上げや牽引のために鋼板等に取付られた吊りピースの取付強度を測定するための確認試験機を考案

従来の機械では大掛かり(約100kg)な作業になり、足場が悪い所も多く危険なので軽量・簡単・表示部のデジタル化を実現させたオリジナル商品「TR-400」を開発致しました。船舶はもちろん、写真(左下部)のような形状のものの引抜試験(引張試験)に対応

  • 試験対象物
    ●試験対象物 
  • TR-400 使用デモ
    ●TR-400 使用デモ 
■セット内容
  • リブ用試験冶具
  • リブ溶接試験用シリンダー2台
  • 油圧ポンプ
  • 分岐ブロック
  • 油圧ホース 2本
  • 圧力変換機、取付冶具

・30kN  TR-150用・50kN(反力台最大耐力)
使用機械:プロテスターTR用反力台、プロテスターTR-75・150

「アンカーボルトのすぐ隣に段差があるのですが、引抜試験(引張試験)は出来ますか?」
このようなお問合せをお寄せいただき、設計部に協力を要請して実現させました。
近接の段差だけでなく、母材の表面が波打っている現場でも役立ちます。
この反力台の開発により、プロテスターTRの試験の幅が、一層拡がりました。

  • 実物設置例
    ●実物設置例 
  • 試験対象物
    ●設置状況イメージ 
  • TR-400 使用デモ
    ●開発時設計図面 

サービス一覧

  • サービス一覧トップ
  • レンタル
  • レンタル取引の流れ
  • レンタル特典
  • 販売
  • 試験機中古販売
  • 販売までの流れ
  • 特殊油圧ジャッキ・冶具製作
  • ご購入の方へ
  • 購入特典
  • 試験・検査
  • 試験・検査内容
  • 試験・検査:ご依頼までの流れ
  • 設計引抜試験(引張試験)
  • サポートサービス
  • 試験機校正受託サービス
  • セミナーのお知らせ

ページトップへ戻る